3252106804_eaa4d3582a_z

ニキビ跡は、つらいですよね。
ニキビとニキビ跡で、お肌はもうでこぼこ状態です。
しかし、ニキビあとを和らげることができるのです。
まず、はじめにニキビが気になるからといって、潰して膿を出すなんてことはいけません。
ニキビによる膿がたまって、肌がポコっと膨れ上がった状態を、袋で例えてみましょう。

スーパーの袋に、たくさん買い物をして詰め込んで、袋はパンパン状態です。
しかし、家に帰ると冷蔵庫に冷やすために中からとりだしますよね。
そのままら袋を放っておくと、空っぽの袋の中にはホコリが溜まります。

しかしお水を袋いっぱいに入れておくと、水の上にホコリは浮いたとしても、中まで入っていきたくさん溜まっていくことはありませんね。
またお水を入れた袋に、ガムテープをしてフタをしたとします。
そうすると、ホコリは水の上に浮くことすらできません。
その状態が、まさにニキビあとにも言えるのです。

まずニキビ跡は、膿が出きってしまった場合に出来ることがおおく、表面は乾燥してしぼんでいると思います。
肌を乾燥させてしまうと、空っぽのニキビ跡の中には細菌も入り放題です。
そこに加えて、汚れや皮脂も溜まってしまいます。

そうすることにより、ニキビ自体の炎症はなくなっているのに、赤くなったり、黒くなったりしてしまい、更に跡としてくっきりとわかるようになってきます。

ではニキビ跡を和らげる方法へと、入っていきましょう。

まず、顔をしっかり洗顔します。
洗顔の時はしっかりと泡を立てて、優しく撫でるようにあらいます。
理由は、ゴシゴシあらうことにより、皮膚が一緒に動いてしまい、肌細胞の間のキメの部分が洗えなくなってしまうからです。
なので、泡立てたその泡で、キメの部分を優しく洗ってあげます。

次に保湿です。
まだ出来たばかりの跡の場合、実はニキビあとのようにみえているだけで、まだ傷状態の場合もあります。
そのため化粧水は、無添加の刺激がないものを選び、しっかりと保湿してあげましょう。
そうすることにより、肌本来の修復機能も盛んに行われるようになり、跡となっている部分を修復しようと働きかけます。
水分は肌にとっても、とても大切なものなのです。

そして次に、乳液で膜を貼ります。
この時に気をつけなければいけないのが、ニキビの進行をおそれて、乳液自体を全く塗ろうとしないことです。
そうするとせっかく肌に入れた化粧水も、蒸発したり乾燥したりして、肌から失われてしまいます。
そうなれば細菌はうようよ状態に。
おそれる気持ちはわかりますが、膜張り役の乳液で、きっちりフタをしてあげましょう。

こうやってたっぷりの保湿をしているうちに、肌細胞が活性されてきて、生き返ってきます。
そうなれば、肌が勝手に修復をはじめるので、ニキビ痕も少しずつマシになっていきます。
しっかり保湿を保てるように、皆さんも保湿はしっかりするように心がけましょう。
美は1日にしてならず。
頑張って再生させてあげましょう。

参考サイト:ニキビ跡を消す治療方法!クレーターや色素沈着を治す!